配当金 - 用語辞典 - 保険相談 見直し.jp - 福島

HOME > 用語辞典 > 配当金

用語辞典

配当金

配当金ってどんなもの?

保険料は3つの予定率をもとに算出していますが、実際には予定したとおりの死亡者数、運用利回り、事業費になるとは限りません。予定と実際との差によって剰余金が生じた場合に、剰余金の還元として契約者に分配されるお金のことを配当金といいます。配当金は予定率にもとづいて計算された保険料の事後精算としての性格を持っています。

有配当の保険と無配当の保険

生命保険は大きく分けると、配当金の分配がある仕組みの「有配当の保険」と配当金の分配のない仕組みの「無配当の保険」に分類されます。さらに、有配当の保険は一般的には「3利源配当タイプ」と「利差配当タイプ」に分かれます。

配当金の仕組み

有配当の保険

【3利源配当タイプ】
毎年の決算時に保険料算出のために用いる3つの予定率と実際の率との差によって生じる損益を集計し、剰余が生じた場合、配当金として分配する仕組みの保険です。
配当金を毎年分配する「毎年配当型」が主流となっています。
「3年ごと配当型」を取り扱う生命保険会社もあります。

【利差配当タイプ】
予定利率と実際の運用成果との差によって生じる毎年の損益を一定年数ごとに通算して剰余が生じた場合、配当金として分配する仕組みの保険です。
5年ごとに通算して剰余が生じた場合、配当金として5年ごとに分配する仕組みの「5年ごと利差配当型」が主流となっています。
「3年ごと利差配当型」「毎年利差配当型」を取り扱う生命保険会社もあります。

※上記のほかに、個々の契約の剰余への貢献度に対してポイント換算し、ポイントを毎年蓄積し、5年ごとにその時点での累積ポイントに応じて配当金を支払う仕組みの保険を取り扱う生命保険会社もあります。

無配当の保険

配当の分配のない仕組みの保険です。一般的に、有配当の保険より予定利率などの基礎率を実際の経験値に近いものを用いることによって、保険料を安くしています。

配当金の受取方法は?

配当金の受取方法は契約時に決めますが、保険種類によっては受取方法が決まっていて、選択できない場合があります。

積立

配当金を保険会社に積み立てておく方法で、所定の利息がつきます。途中で引き出すこともできます。満期や死亡の場合には、保険金と一緒に受け取ります。

買増

配当金を一時払の保険料として保険を買い増していく方法です。

相殺

配当金と保険料を相殺する方法です。配当金の分だけ保険料負担が軽減します。

現金支払

配当金を現金で受け取る方法です。

(出典:生命保険文化センター)
ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ