別荘にはどんな火災保険をつければいいですか? - 火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 福島

HOME > 目的別保険相談 > 別荘にはどんな火災保険をつければいいですか?

火災保険の新規加入

別荘にはどんな火災保険をつければいいですか?

2012年02月21日

【Q.ご相談事例】

別荘にはどんな火災保険をつければいいですか?

【A.ご回答】

別荘の使用形態によって火災保険における「物件種別」というものが決まり、それによってつけられる火災保険も違ってきます。

例えば、
営業用の貸別荘などは「一般物件」となりますので、適用できる火災保険は

普通火災保険、店舗総合保険などになります。
(各保険会社ごとにペットネームで商品名の呼び方が異なります)

これが、自己所有で季節的に住居として使用される建物でかつ家財が常備されている場合は「住宅物件」となりますので、適用できる火災保険は、

住宅火災保険、住宅総合保険になります。
(各保険会社ごとにペットネームで商品名の呼び方が異なります)

別荘だからといって特別保険料が高いわけでもありません。
住宅物件であれば地震保険もかけることができます。

ただし、保険会社によっては火災保険の引き受けを断っているケースもあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ